店舗ご案内

有限会社 アートインテリア/カーテンミュージアム
〒242-0014 神奈川県大和市上和田1826-1

営業時間/10:00~19:00定休日/水曜日(祝日営業)0120-466-433、046-267-9600

営業日カレンダー

Calendar Loading
は定休日です。

お問い合わせ

カーテンについてわからないことがありましたら、お気軽にお電話またはメールにてご連絡ください。

お問い合わせはコチラから

Sumiko Honda -スミコホンダ-

スミコホンダのカーテン

創る

普遍的で希望感のある布。日常の中で静かに優しく息づく布。
例えば、移ろう季節や、陰翳に彩られた豊かな時間を思い出させてくれる布。そうした布を創造していきたいと思います。

織る

布は素材でありながら、アーティスティックな側面もあります。経(たていと)に緯(よこいと)が1本入る瞬間に、織りは平面から立体へと変貌し、表情を持ちます。
織り上げた布は、デザインとともに時代の感覚も伝えます。
川島織物が持つ歴史的な図柄や技術を学んだことが、作品のベースになっています。1843年の創業以来、伝統に敬意を払いながら挑戦と革新を続け、多彩な事業展開と先端技術の集積を誇る川島織物セルコン。
この環境がオリジナリティを持つファブリックを作り上げさせてくれるのです。
上質な暮しのためにそしてアートとして、この両方の側面を持つ布を追求していきたいと思っています。

スミコホンダ
デザイナー・本田純子は、自然や工芸品などからインスピレーションを得て手書きで原画を作成し、その繊細なにじみを立体的に表現するため、光や風を取り込む風通織組織などの技術を駆使。素材にもとことんこだわり、表現に合わせて糸や染料、織組織を厳選して組み合わせ、緻密な工程を重ねて製品を生み出します。このように一人のデザイナーが企画~デザイン~織物設計まで一貫して携わり、技術の特許取得なども含めて複雑なオリジナリティを追及しているブランドは、他に類を見ません。そしてmade in japanにもこだわり、帯などに代表される伝統的な織技術を現代感覚に融合させたファブリックスとしても、屈指の個性を発揮します。現代の日本は和洋折衷の暮らしであり、デザイナーが目指しているのは西洋の様式にとらわれず、それを破っていく、力強いファブリックの創造です。
製品には季節の移ろいや光と陰、水や空気の流れといった日本ならではの自然観があふれ、光の加減でファブリックスの表情がさまざまに変化して楽しめます。
これらによって、日本人が本来持っている美意識や感覚を呼び覚ましていくのが「Sumiko Honda」の願いです。また、不安定でストレスフルな都会暮らしにうるおいと彩りを与え、希望とやすらぎをもたらすことで、生活する人の心が豊かになることを目指しています。

取扱ブランド・おすすめ商品

  • HunterDouglas WINDOW FASHIONS
  • MORRIS
  • シビラ
  • QUARTER REPORT
  • Sumiko Honda
  • Finlayson
  • mila schon
  • KatharineHamnett