店舗ご案内

有限会社 アートインテリア/カーテンミュージアム
〒242-0014 神奈川県大和市上和田1826-1

営業時間/10:00~19:00定休日/水曜日(祝日営業)0120-466-433、046-267-9600

営業日カレンダー

Calendar Loading
は定休日です。

お問い合わせ

カーテンについてわからないことがありましたら、お気軽にお電話またはメールにてご連絡ください。

お問い合わせはコチラから

カーテン選びの基本1

カーテンは、インテリアの重要なアクセント。部屋全体の雰囲気と、生活する人のために、カラーコーディネイトを考えて選びましょう。部屋写真

カラーコーディネートを考える際は、まず、部屋のイメージカラーを何色にするかを決めます。色には赤系統の暖色と青系統の寒色、緑や紫などの中間色があります。暖色系を中心にすると、暖かみのあるリラックスしたムードを演出できます。 その中でも最近はリラックスできる「ナチュラルカラー」が人気です。寒色系の色を選択すると、シャープですっきりとした印象の部屋になります。しかし、寒色系は収縮して見えるというデメリットがあるので、部屋を広く見せたい時には、明るい暖色系を選ぶ事をおすすめします。カーテンやベットカバーには同色の無地を選び、クッションや小物に同系色の柄物や、鮮やかなポイントカラーを使うと、部屋全体の雰囲気を統一することができます。

青色をイメージカラーにした場合

心理学ではブルーは精心をリラックスさせる色、鎮静作用のある癒しの色と考えられています。ブルーを使うと、爽やかな印象の部屋になりますが、寒色なので使いすぎると冷たい印象の部屋になるので気をつけましょう。

緑色をイメージカラーにした場合

グリーンは気持ちに安らぎを感じる色なので、リビングやプ書斎などに適しています。観葉植物と組み合わせると、より自然な印象を演出できます。濃いグリーンは落ち着いた雰囲気になり、明るいグリーンは爽やかで明るい雰囲気になります。

黄色をイメージカラーにした場合

黄色はメインカラーに選ぶことで、明るい印象を演出できます。特に淡いクリーム色の系統は、ナチュラルで暖かみのある色なので、オススメです。あまり濃い黄色をカーテンに選ぶと、クドくなってしまうので気をつけましょう。

ピンクをイメージカラーにした場合

女性に人気のあるピンクはおだやかな空間を創る色として好まれています。オレンジがかったサーモンピンクや、黄みをおびたピーチピンクは、甘すぎず、優しい色なので、寝室やリビングなどに適しています。

ナチュラルカラーをイメージカラーにした場合

ナチュラルカラー・アースカラーは、どんな色とも組み合わせがしやすく、リラックスした雰囲気を創るのに最適です。淡いナチュラルカラーだけでまとめると単調なイメージになりがちなので、アクセントに濃いブラウンを使うなどし、メリハリをつけると良いでしょう

カーテン豆知識MENU